Dr.Mikamoブログ

2016-5-30

Posted by wpmaster on 5月 30, 2016
Dr.Mikamoブログ / 2016-5-30 はコメントを受け付けていません

「815分」主人公である父、美甘進示と共にオバマ大統領広島訪問を広島のTV局生放送スタジオで見届けました。父は、「自分がはっきり認識できるうちに来てくださるとは思いもしなかった。感謝の気持ちで一杯だ。来るという行動を実際にとること自体に深い意義がある。原爆により味わった苦しみが、洗い流されたような感じがするほどだ。」と感無量でした。

私は米国に住み平和活動をする中で、まだ大多数が原爆使用正当論を崇拝し、教えられ、信じているため、現役大統領が広島訪問をすることがどれほど困難なことだったか身にしみてわかっています。そんな中で実際に行動し、ありとあらゆる考慮を重ね含み、政治よりもヒューマニティーに焦点を置いたスピーチは、私が普段から伝え広めているメッセージと同じ意味で、大統領が今この時の現実になしうる最高のものだったと評価しています。

日本語に訳すと消えてしまいかねないニュアンスが様々なところに慎重に含まれていました。例えば、「原爆が残虐な終結をもたらした。」今までアメリカのトップや高官は「必要悪」「想像を絶する破壊的結末」「必要な決断」のような表現を使い、メジャーなスピーチで「残虐」と原爆を表現するのは聞いたことがありません。その言葉の中には「人間が意図的にもたらした酷い仕打ち」というニュアンスが含まれています。これは謝罪の言葉を安易に用いるよりも、ヒューマニティー全体に対する深い洞察と方向転換への必要性の意味が含まれています。

オバマ大統領の広島訪問とスピーチにより、今すぐ何かが大きく変わるとは思いませんが、歴史に残る人類の新しい時代の第一歩になると思います。

2016-5-22

Posted by wpmaster on 5月 22, 2016
Dr.Mikamoブログ / 2016-5-22 はコメントを受け付けていません

オバマ大統領広島訪問のために私も広島に帰郷します。この訪問は真の意味で歴史的に大きな意義を持っています。いろいろな国のいろいろな人たちが意見を述べていますが、大切なことは「私達 対 あの人達」という考え方ではなく、「人類全体がファミリー」という物の見方だと思います。「私達 対 あの人達」と言う見方では、「自分達はこんな目にあったのに。。。」「あの人達はこんなひどいことをした。。。」という被害者の立場から抜けることはできず、恨み、ねたみ、ひがみ、仕返し、憎しみが終わり無く繰り返されることになってしまいます。非難や中傷や憶測がメディアで飛びかうのは最近に始まったことではありませんが、その前にまず、自分は何ができるかを考え実行することが大事だと思います。

アメリカで核無き平和のための教育啓蒙をしている私達は、いかに原爆使用正討論が根深いか、いかにそれを信じている人達が激しい感情をむき出しにして、「ヒロシマ」と言う言葉にさえ反応するか、何度も直面してきました。そのような体験を通じて、なぜ戦後70年以上もアメリカの大統領が誰一人として広島や長崎を訪れたことがないかがよく理解できます。その上で、今回のオバマ大統領広島訪問が実現することは、多くの人たちが舞台裏で長期に渡って努力をしてきた結果であり、オバマ大統領の勇気でもあると思います。

このイベントが、世界の人達に和解と平和の大切さを啓発する事を心から願っています。

2016-1-28

Posted by wpmaster on 1月 28, 2016
Dr.Mikamoブログ / 2016-1-28 はコメントを受け付けていません

unnamed

「8時15分」に推薦の言葉を書いてくださった小溝康義 広島平和文化センター理事長は全世界6,900以上の都市をたばねる平和首長会議事務総長でもあります。

このたび平和首長会議より全国連加盟国に対してのオープンレター「核兵器のない世界をめざして:10億市民の訴え」が、フォーリン・プレス・センターで紹介されました。

ヒロシマ・ナガサキの悲劇を決して繰り返させないという被爆者の切実な訴えに耳を傾け、核兵器を廃絶することが急務、と呼びかけています。

http://fpcj.jp/useful/wjn/p=39795/

2016-1-14

Posted by wpmaster on 1月 19, 2016
Dr.Mikamoブログ / 2016-1-14 はコメントを受け付けていません

アメリカ滞在中のトルコ人の若者が、”Ertugrul 1890”(邦題「海難1890」)の話を教えてくれました。

私の知らなかったトルコと日本を結ぶ二つの史実。アメリカでは公開されていませんが、トルコ人から日本文化や日本人に対する深い尊敬と親愛の気持ちを直接聞き、予告編を見ただけで感動して涙が浮かびました。

「8時15分」がメッセージとして送る「許すこころ」と重ねて思うことがあります。人間は過去の恨みを許すことが出来ず戦いを繰り返していますが、過去の恨みは許し、過去の感謝を忘れないで恩返しを繰り返すことができたなら、この世界は何と美しく平和になるだろう、と。

https://www.facebook.com/kainan1890/?fref=ts

2015-11-29

Posted by wpmaster on 11月 29, 2015
Dr.Mikamoブログ / 2015-11-29 はコメントを受け付けていません

米国「平和を願う退役軍人の会」会長夫妻が広島平和記念資料館を見学しました。

子供を助けられなかった親、親を亡くして途方にくれる子供たちの気持ちを思うと胸がはりさけそうだ、と感想を述べられました。

museum

2015-11-28

Posted by wpmaster on 11月 28, 2015
Dr.Mikamoブログ / 2015-11-28 はコメントを受け付けていません

米国、「平和を願う退役軍人の会」会長夫妻が広島を訪問し慰霊碑に献花をしてくださいました。

「核兵器保有国のリーダーは皆、広島を訪れるべきだ」という会長のメッセージがニュースで放映されました。

 

写真左から私、父・進示、Ladendorf会長、会長夫人

慰霊碑献花

2015-11-7

Posted by wpmaster on 11月 12, 2015
Dr.Mikamoブログ / 2015-11-7 はコメントを受け付けていません

サンディエゴ日本語補習校 みなと学園の教職員約50名を対象に「発達障害児との関わり方」について研修会を行いました。

日本でも発達障害への認識が高まりつつありますが、一般社会はもちろん、医療・教育現場でも多種を含む発達障害に関する理解の混乱が見られ、最適な診断・療育・治療実践がアメリカ・カナダ・イギリスなど比べると遅れています。まず先生方に正しい理解をしていただくために臨床心理医の立場から説明や具体的アドバイスをしました。

美甘さん発達障害講義2

2015-11-7

Posted by wpmaster on 11月 12, 2015
Dr.Mikamoブログ / 2015-11-7 はコメントを受け付けていません

サンディエゴ日本語補習校、みなと学園の保護者を対象に「思春期のこどもの育て方」について講演をしました。

中高生の保護者を中心に約70名が熱心に聴講してくれました。臨床心理医として地域の教育に貢献できるのは喜びです。

美甘さん思春期保護者むけ講義

2015-11-7

Posted by wpmaster on 11月 12, 2015
Dr.Mikamoブログ / 2015-11-7 はコメントを受け付けていません

「異文化の人間関係における許すこころ」についてインタビュー録画しました(英語)。

動画はサンディエゴ心理学会のHP、サンディエゴ・ウィッシュのHP (www.sdwish.org)、美甘章子のフェースブックページ(https://www.facebook.com/drmikamo/)などで近日アップされます。

さまざまな場面で人間関係の改善に役立つ内容になっています。

章子さん録画風景

2015-10-26

Posted by wpmaster on 11月 12, 2015
Dr.Mikamoブログ / 2015-10-26 はコメントを受け付けていません

ニューヨーク国連本部内にある特派員協会で記者会見をしました。

”Rising from the Ashes ; A True Story of Survival and Forgiveness from Hiroshima” で語った広島の被爆の様子、両親の物語、国連に永久貸与した祖父の形見の懐中時計が盗難にあったことなどを説明しました。ケニア、イタリア、フランス、ベトナム、インド、ブラジル他の国々、日本のテレビ局および新聞社、共同通信など多くの記者が参加してくれました。会見だけでなく、被爆展示場でのインタビューや撮影もしました。26年半ぶりに行った国連で格別な感慨にひたりました。

会見の様子は下記で公開されています。

http://unca.com/unca-book-presentation-discussion-with-dr-akiko-mikamo-author-of-rising-from-the-ashes-a-true-story-of-survival-and-forgiveness-from-hiroshima/

記者会見01

記者会見02

記者会見04    記者会見03