2016-5-22

Posted by wpmaster on 5月 22, 2016
Dr.Mikamoブログ

オバマ大統領広島訪問のために私も広島に帰郷します。この訪問は真の意味で歴史的に大きな意義を持っています。いろいろな国のいろいろな人たちが意見を述べていますが、大切なことは「私達 対 あの人達」という考え方ではなく、「人類全体がファミリー」という物の見方だと思います。「私達 対 あの人達」と言う見方では、「自分達はこんな目にあったのに。。。」「あの人達はこんなひどいことをした。。。」という被害者の立場から抜けることはできず、恨み、ねたみ、ひがみ、仕返し、憎しみが終わり無く繰り返されることになってしまいます。非難や中傷や憶測がメディアで飛びかうのは最近に始まったことではありませんが、その前にまず、自分は何ができるかを考え実行することが大事だと思います。

アメリカで核無き平和のための教育啓蒙をしている私達は、いかに原爆使用正討論が根深いか、いかにそれを信じている人達が激しい感情をむき出しにして、「ヒロシマ」と言う言葉にさえ反応するか、何度も直面してきました。そのような体験を通じて、なぜ戦後70年以上もアメリカの大統領が誰一人として広島や長崎を訪れたことがないかがよく理解できます。その上で、今回のオバマ大統領広島訪問が実現することは、多くの人たちが舞台裏で長期に渡って努力をしてきた結果であり、オバマ大統領の勇気でもあると思います。

このイベントが、世界の人達に和解と平和の大切さを啓発する事を心から願っています。

Comments are closed.

Contact Us