2016-5-30

Posted by wpmaster on 5月 30, 2016
Dr.Mikamoブログ

「815分」主人公である父、美甘進示と共にオバマ大統領広島訪問を広島のTV局生放送スタジオで見届けました。父は、「自分がはっきり認識できるうちに来てくださるとは思いもしなかった。感謝の気持ちで一杯だ。来るという行動を実際にとること自体に深い意義がある。原爆により味わった苦しみが、洗い流されたような感じがするほどだ。」と感無量でした。

私は米国に住み平和活動をする中で、まだ大多数が原爆使用正当論を崇拝し、教えられ、信じているため、現役大統領が広島訪問をすることがどれほど困難なことだったか身にしみてわかっています。そんな中で実際に行動し、ありとあらゆる考慮を重ね含み、政治よりもヒューマニティーに焦点を置いたスピーチは、私が普段から伝え広めているメッセージと同じ意味で、大統領が今この時の現実になしうる最高のものだったと評価しています。

日本語に訳すと消えてしまいかねないニュアンスが様々なところに慎重に含まれていました。例えば、「原爆が残虐な終結をもたらした。」今までアメリカのトップや高官は「必要悪」「想像を絶する破壊的結末」「必要な決断」のような表現を使い、メジャーなスピーチで「残虐」と原爆を表現するのは聞いたことがありません。その言葉の中には「人間が意図的にもたらした酷い仕打ち」というニュアンスが含まれています。これは謝罪の言葉を安易に用いるよりも、ヒューマニティー全体に対する深い洞察と方向転換への必要性の意味が含まれています。

オバマ大統領の広島訪問とスピーチにより、今すぐ何かが大きく変わるとは思いませんが、歴史に残る人類の新しい時代の第一歩になると思います。

Comments are closed.

Contact Us