メディア掲載

Posted by wpmaster on 5月 07, 2014
メディア掲載

こちらで順次メディア掲載履歴をご紹介いたします。

 

■2016年7月 雑誌「潮」

雑誌「潮」7月号に広島テレビ社長、三山秀昭氏が「オバマを招き寄せたヒロシマの心」という随筆を寄稿されました。「8時15分」について詳しく紹介していただいています。

雑誌 潮

 

■2016年5月28日 朝日新聞

米西海岸サンディエゴ在住の被爆2世で臨床心理医の美甘章子さん。オバマ大統領の訪問を広島市に住む父のそばで見届けようと一時帰国しました。

http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ5X3TZ6J5XPITB00H.html

 

 

■2016年5月27日 産経新聞

美甘章子さんと父の進示さんが取材にこたえました。

被爆の父「恨むな…感無量」米で平和活動の娘「何が起こったか感じて」…核なき世界待つ父娘が思い吐露

http://www.sankei.com/west/news/160527/wst1605270049-n1.html

 

 

■2016年5月18日、26日、27日   広島TV

「8時15分」著者の美甘章子さんと父の進示さんが広島TV「テレビ派!オバマへの手紙」に出演しました。

 

 

■2016年3月   ブックメーター

本好きの方々が集まる読書レビューサイト、ブックメーターに「8時15分」の感想が寄せられています。

みなさんが心をこめて読んでくださっていることがよくわかり、とてもうれしいです。

http://i.bookmeter.com/b/4907514085

 

 

■2016年3月3日   中国新聞

映画監督の紀里谷和明氏が、「8時15分 ヒロシマで生きぬいて許す心」の映画化に手を挙げてくださいました。 

紀里谷氏は3月2日に広島市役所で松井市長と面談し「原爆が使われたら何が起きるのかを世界に伝えたい」と映画制作への決意を表明、市長も協力を約束してくださいました。 

面談の様子はテレビ新広島ほか広島のローカルTV局のニュースでも紹介されました。 

http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=56814 

 

 

■2016年2月9日   広島テレビ

広島テレビのワイド番組「テレビ派」で「8時15分」の主人公、美甘進示さんが紹介されました。

番組は被爆70年の2015年から継続して、広島の被爆に関連した報道をしています。

進示さんが90歳の今も現役でお仕事をされている様子、ご自身の90歳の誕生日と会社の50周年を祝うパーティの様子などが放映されました。

「許す心」がこれからの世界平和に不可欠であることを視聴者に印象づけた内容でした。

 

 

■2015年12月24日   RCC(中国放送)

深夜24時からRCCが放送したラジオ・チャリティ・ミュージックソンのなかで「8時15分」の紹介をしていただきました。

人気アナウンサーの横山雄二さんが朗読のデイジー録音および著者、美甘章子さんについて丁寧に説明してくださいました。

 

5分ほどのオーディオブックのサンプル音源が下記アドレスよりお聴きになれます。

http://youtu.be/j945p9AcOKQ

 

 

■2015年12月7日       ヒロシマ平和メディアセンター

米国「平和を願う退役軍人の会」レーデンドーフ会長、広島訪問の記事が、英語でも掲載されました。

http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=54307

 

 

■2015年11月28日     中國新聞 / RCC / 広島テレビ

米国の「平和を願う退役軍人の会」の会長バリー・レイデンドーフ夫妻が、美甘章子や父・進示さんと原爆資料館を訪問した記事が中國新聞に掲載されました。

この日の様子はRCC「ニュース6」、広島テレビ「テレビ派」でもニュース放映されました。

http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=54056

 

■2015年11月20日   公益財団法人ヒロシマ平和文化センター HP

公益財団法人ヒロシマ平和文化センターHPの理事長コーナーに、平和首長会議事務総長もご兼任の小溝泰義理事長による「8時15分 ヒロシマで生きぬいて許す心」の推薦の言葉が掲載されました。

http://www.pcf.city.hiroshima.jp/hpcf/about/chairpersonsJ/article_J008.html

 

 

■2015年11月18日    新潮45 2015年12月号

「オバマ大統領、ヒロシマはあなたを待っています」三山秀昭

広島テレビ 三山秀昭社長に記事のなかで「8時15分」と美甘さん父娘を紹介していただきました。

http://www.shinchosha.co.jp/shincho45/backnumber/20151118/

 

 

■2015年11月14日   サンディエゴみなと学園   「みなとだより」

11月7日に行われた、サンディエゴみなと学園での美甘章子の講演について、学園のニュースレター「みなとだより」で紹介していただきました。

「みなとだより」2015.11.14

 

 

■2015年10月26日   UNCA

ニューヨーク国連本部内にある特派員協会で、美甘章子が記者会見を行いました。

ケニア、イタリア、フランス、ベトナム、インド、ブラジル他の国々、日本のテレビ局および新聞社、共同通信など多くの記者が参加しました。

http://unca.com/unca-book-presentation-discussion-with-dr-akiko-mikamo-author-of-rising-from-the-ashes-a-true-story-of-survival-and-forgiveness-from-hiroshima/

 

 

■2015年8月19日   Ca m’interesse Histoire

「8時15分」の内容がフランスの歴史マガジンCa m’interesse Histoire 9/10月号で3ページにわたって紹介されました。

雑誌はフランス以外のEU圏でも広く販売されています。章子さんが立ち寄ったフランクフルトの空港でもELLEやVOGUEと並んで陳列されていました。

 

フランス マガジン

フランス マガジン02

 

 

■2015年8月16日    サンディエゴゆうゆう

8月5日~7日に開催された美甘章子代表のNPOサンディエゴ・ウィッシュ~世界平和を願う会「平和とヒューマニティの日」イベントが紹介されました。

https://www.yumpu.com/en/document/view/52769856/san-diego-yu-yu-august-16th-2015

(75ページ目)

 

 

■2015年8月6日   The Wall Street Journal

1989年にニューヨークの国連本部の常設展示ガラスケースからの盗難が発覚した、「8時15分」著者美甘章子の祖父の被爆懐中時計についての詳しい記事が、ウォール・ストリート・ジャーナルの紙面とデジタル版に載りました。

http://www.wsj.com/articles/for-hiroshima-family-mementos-vanishing-is-loss-to-the-world-1438829081?cb=logged0.5431111697107553

 

 

■2015年8月6日   毎日新聞 「広島原爆の日:70年前の敵と祈る平和 被爆二世と米の退役軍人」

美甘章子代表のNPOサンディエゴ・ウィッシュ~世界平和を願う会が毎年広島の原爆記念日に行う「平和とヒューマニティーの日」 世界平和式典が、今年はVFP(平和を願う退役軍人の会)の協賛で開かれ、毎日新聞と共同通信に取材されました。

 

 

■2015年8月6日   Huffington Post

1989年にニューヨークの国連本部の常設展示ガラスケースからの盗難が発覚した、「8時15分」著者美甘章子の祖父の被爆懐中時計についての詳しい記事が、Huffington Post に掲載されました。読者のコメントを読むと多くのアメリカ人が原爆使用正討論を信じているのがよくわかります。

http://www.huffingtonpost.com/joe-lauria/hiroshima_b_7950636.html

 

 

■2015年8月6日   南アフリカ共和国 ヨハネスバーグ 「ザ・スター」

南アフリカ共和国で創刊以来125年以上の歴史を誇るメジャー紙「ザ・スター」が、1989年にニューヨークの国連本部の常設展示ガラスケースからの盗難が発覚した、「8時15分」著者美甘章子の祖父の被爆懐中時計についてのより詳しい記事を掲載しました。

 

 

■2015年8月6日   KPBS TV、ラジオ、ニュースマガジン

「8時15分」の著者で被爆二世の美甘章子氏と、NPOサンディエゴ・ウィッシュの特別顧問で被爆者の河村幾之助氏が、広島原爆記念日にサンディエゴのPBS局でTVニュース、ラジオ・トーク番組に出演し、ニュースマガジンでも紹介されました。

http://www.kpbs.org/news/2015/aug/06/san-diego-survivor-hiroshima-atomic-blast-promotes/

 

 

■2015年8月5日   BBC

日本時間8月6日(ロンドン8月5日夜)BBC TVの「ニュースナイト」で「8時15分」の主人公美甘進示氏の被爆体験のインタビューが放映されました。

 

BBCニュースマガジンのTwitterでは、昨年7月に掲載された「8時15分」に描かれる美甘進示氏の被爆体験とその後の人生についての詳しい特集記事が、再度紹介されました。

https://twitter.com/BBCNewsMagazine/status/628939018001121280

 

BBCニュースマガジンの特集記事、When Time Stood Still: A Hiroshima Survivor’s Story はこちらから

http://www.bbc.co.uk/news/special/2014/newsspec_8079/index.html

 

 

■2015年8月5日   広島TV

BBCによる美甘進示氏の取材の模様を広島TVがニュースで紹介しました。

 

 

■2015年7月21日   中国新聞朝刊

国際シンポジウム「被爆70年―核兵器廃絶と被爆体験の継承を考える」についての記事が掲載されました。(7月27日にも関連記事が掲載されました。)

美甘章子が登壇し、臨床心理医として被爆者の心的外傷後ストレス障害(PTSD)の研究を進める必要性を指摘。

「憎悪を抱え続けていては救われない。相手への共感や思いやりなどが『許す心』につながる」と説明しました。

http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=47670

 

 

■2015年7月14日   中国新聞朝刊

「8時15分」主人公の美甘進示さんをオランダのジャーナリストが取材しました

取材内容は86日前後にオランダの日刊紙で発表されるそうです。

http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=47179

 

 

■2015年7月9日   中国新聞朝刊

中国新聞ジュニアライターの山田杏佳さん(高2)が「8時15分」のポップ広告を作ってくれました。

若い世代の方がこの本を手にとってくださるのはとてもうれしいです。(転載については中国新聞の許諾を得ています)

Peace  Seeds  ヒロシマの10代がまく種 (第13号) もっと「学ぼうヒロシマ」

 

0709中国新聞部分

 

 

■2015年3月   サンディエゴ・メトロ・マガジン

表紙と10ページから11ページの記事で、サンディエゴ女性週間 啓発講演会で著者美甘章子のヘッドライン(オープニング)基調講演について紹介されています。

スーザン・パッカード、グレッチェン・ルービン、アリシャ・グィン、ネヨミ・ツツと並んで、世界平和賞受賞者で「8時15分」の著者美甘章子が、世界中の女性達に話しかけます

 http://www.sandiegometro.com/wp-content/uploads/2015/03/SD-METRO-MAR-2015-REDUCED1.pdf

 

 

■2015年2月7日   中國新聞

広島本大賞の記事が掲載され、ノミネート作品である『8時15分 ヒロシマで生きぬいて許す心』が紹介されました。

 

 

■2015年2月   キリスト教保育2月号

キリスト教系の幼稚園で発行されている「キリスト教保育2月号」に書評が掲載されます。

 

IMG_0296    IMG_0300

 

 

■2015年1月15日   TVApex

英国インターネットTV局TVApexのインタビュー番組「プロファイル」に美甘章子が出演し、著書の紹介、平和とヒューマニティについてメッセージを発信しました。

 

 

■2014年12月17日   中國新聞

「8時15分」が広島本大賞候補にノミネートされたことが掲載されました。

 

 

■2014年9月29日   中國新聞

美甘さん、英で表彰へ

両親の被爆体験 英文で出版 NPO団体が11月 「世界平和に貢献」

http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=36517

 

1492174_660303474083179_1915388228643399734_o

 

 

■2014年8月20日   朝日ブックタイムズ

「8時15分」著者、美甘章子のインタビューが掲載されました。

 

 

■2014年8月7日   毎日新聞

広島原爆の日 : 対話こそ平和の源

19歳で被爆、美甘進示さん 父の教え、米に嫁いだ娘へは

 

 

■2014年8月6日   サンディエゴのローカルTVニュース チャンネル8

サンディエゴWISH 平和とヒューマニティの日を開催

(報道のなかで、広島市長とあるのは広島市長令嬢の間違いです)

http://www.cbs8.com/story/26206958/remembering-the-attack-on-hiroshima

 

 

■2014年8月6日   RCC中国放送(ラジオ)

RCC中国放送(ラジオ)  12:00~15:00

日々感謝。ヒビカン 〜被爆69年のヒロシマから〜

美甘進示さん出演

 

 

■2014年8月6日   広島ホームテレビ「Jステーション」

代表の二宮氏も参加したサンディエゴの式典の様子と平和公園の記念式典テレビ中継を見る美甘進示さんの様子が放送されました。

 

 

■2014年8月5日   Asahi Newspaper 8月5日版

Theft of A-bombed timepiece leads to a lesson in forgiveness

 

 

■2014年7月24日   BBCニュースマガジン

「8時15分」で描かれた美甘進示さんの物語が、BBCニュースマガジンに掲載されました。

”When time stood still”

http://www.bbc.com/news/magazine-28392047 

 

 

■2014年7月24日   朝日新聞 大阪本社版

「敵から友へ、被爆の父、元米兵と握手、娘、日米結び平和の鐘」

同記事が8月1日付朝日新聞デジタル版にも掲載されました。

盗まれた被爆時計 父は「許しなさい」と言った

http://www.asahi.com/hibakusha/shimen/2014natsu/2014natsu-02.html

 

新聞35

※朝日新聞社の許諾を得て紙面の画像を掲載しています。 朝日新聞社に無断で転載する事を禁止いたします。

 

 

■2014年7月14日   毎日新聞 大阪本社版

米在住の美甘さん、共感できる架け橋へ、被爆父子の体験10日出版

 

 

■2014年7月14日   朝日新聞 朝刊 ~ブック・アサヒ・コム~

http://book.asahi.com/sanyatsu/TOP/intro/ADTLM20140714107.html#1

 

 

■2014年7月10日   MSN 産経ニュース

米国在住、臨床心理博士、美甘さん、父の被爆体験と信条を出版

http://sankei.jp.msn.com/region/news/140710/hrs14071002270005-n1.htm

 

 

■2014年6月30日   ヒロシマ平和メディアセンター

広島出身・米の美甘さん、近く自費出版 両親のヒロシマ 伝える 「許す心」 父親と講演も

http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=32655

 

 

■2014年3月12日   ヒロシマ平和メディアセンター

「両親の被爆体験 映画化に協力を 広島出身 米在住の美甘さん英語で出版」

中国新聞webサイト、ヒロシマ平和メディアセンターに記事が掲載されました。

 

 

 

■2014年2月24日    ヒロシマ平和メディアセンター

「両親被爆体験 日本語に 米在住・美甘さん出版へ 構成担当者ら広島訪問」

中国新聞webサイト、ヒロシマ平和メディアセンターに記事が掲載されました。

 

 

■2013年12月23日   ヒロシマ平和メディアセンター

「美甘進示さん―戦争で家族や家を失う」

中国新聞webサイト、ヒロシマ平和メディアセンターに記事が掲載されました。

 

 

■2013年9月24日   ヒロシマ平和メディアセンター

「許す心 伝えたい 広島出身・在米 美甘さん 英文の本 自費出版」

中国新聞webサイト、ヒロシマ平和メディアセンターに記事が掲載されました。

 

Comments are closed.

Contact Us